2009年3月末まで、体験無料です。ありえない。。。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ラ・パルレ

眉毛の形 いい印象の与え方

女性はもともと眉毛に敏感ですが、最近では男性も眉毛の形にうるさくなってきていますね。若い方を中心に、眉毛の形を気にする方が増え、今では中年や壮年層の方も自分や女性の眉毛の形をチェックしているようです。

眉毛をいじりすぎて、薄くしすぎたり形を細くしすぎたりするのは男女共に敬遠されるようですが、まったくいじっていないのも清潔感がないなどと思われます。会社勤めの男性ですと眉毛をあまり派手にいじることはできないでしょうが、余計な部分の毛をカットするなど形を整えるくらいはしておいたほうが、きちんとした印象になってよいでしょう。

眉毛の形を処理することで、人に見せられるすっきりとした目元になるので、前髪をあげるなどしてさっぱりとした見え方にもなります。自分で眉毛を整える場合、左右の形がおかしくならないように眉用テンプレートなどを用いてあらかじめ形を描いておくと失敗しません。比較的自由の利く状況の方でしたら、眉毛の形はもちろん、髪の色にあわせてカラーリングするのも、良いでしょう。

髪の色に対して、あまりに黒い眉だと、不自然になりすぎます。カット、剃る、抜く、ワックスなど、眉毛の形を整える方法はいくつもありますが、理美容師などの専門家や、雑誌・ネットなどで情報を集め、自分が継続してできる方法を見つけるのが良いでしょう。

タグ:眉毛 清潔感

眉毛のカット

眉毛のカットの仕方について過去の職場の同僚にうるさい先輩がいました。眉毛カットをはじめ、描き方や整え方や色あわせなど・・・。その頃私は前髪をおろしていたので、眉毛はカットせず、適当に形を整えている程度でした。

何かの拍子に前髪を上げるたびに、眉毛のカットは大切よ!と怒られたものです。当時は面倒だったのでハイハイと流しつつ話を聞いていましたが、度々言われるものですから、眉毛カットやメイクの知識を自然と覚えてしまいました。

眉毛カットの基本は、コームを下から上に。眉毛は上部をいじらず、下部をカットすること。眉毛がきちんとカットできたら、流れを整えて。メイクの基本は眼球の黒い部分の端が眉山、口の端と小鼻をつないだライン上に眉尻。眉毛をカットしたらペンシルの色がよくでるから、一本ずつ丁寧に書くこと。私がこんなにそらで眉毛について話せるようになったのはその先輩のおかげです。眉毛好きのその方は、自分での眉毛カットやお手入れ等に飽き足らず、美容刺青であるアートメイクに手をだしていました。

全部剃らない限り、元の眉毛の部分のカットは通常通りするようですが、かきたしていた部分は色素が落ちるまでそのまま。顔を洗ってもメイクのように落ちることはないと、絶賛していました。私も今では眉毛もきちんとカットできるようになったし、次はアートメイク体験が待っているのでしょうか。

タグ:眉毛 カット

眉毛の剃り方

眉毛はカットや抜き方や剃り方がお手入れのポイントです。上手な方法というのも、自己処理に関しては慣れていくしかないのですが、眉毛をカットしたり抜くより、剃るのが簡単ですので、剃り方を調べる方が多いようです。特に男性は眉毛の剃り方をはじめお手入れ方法なんて知らない方も多いのではないでしょうか。

眉毛の剃り方のコツとして、やはり一番いいのは理美容室でプロに尋ねるのが間違いないでしょうが、時間がなかったり聞きづらい場合は、薬局などで売っている眉毛テンプレートを購入するとよいでしょう。自分に合う眉毛の形を選び、それであらかじめ形を描いてからだと、失敗しづらい剃り方ができます。

道具に関しては、眉毛用のカミソリや、電動式の眉カッターが販売されていますので、それを使うと綺麗な剃り方ができるでしょう。ただ、眉毛はどんな剃り方をしても、剃り跡が青く残ってしまうという難点があります。眉毛の剃り方を失敗すると、剃りすぎにより、とんでもないことになってしまう場合も。失敗しない眉毛の剃り方を知るために、やみくもに手をださず、しっかりと情報収集をしてから剃ったほうが良いでしょう。

男性の場合ですと、身近な聞きやすい女性に眉毛の剃り方などお手入れ方法を聞いてみると、手っ取り早くてよいかもしれません。

眉毛のカット カットのコツ

眉毛の周りだけ剃ったり抜いたりしている方はたくさんいると思いますが、案外いないのがカットしている方。眉毛の長さはカットせずそのままに、形だけを整える。それで眉のメイクだけしっかりしてしまうと、濃さがおかしくなり、目元のメイクがおかしなことになってしまいます。

せっかく髪や顔の印象にあわせて眉ペンシルの色を考えているのですから、眉毛の長さもカットしてすっきり目元を作りましょう。自分で眉毛のカットをするのが怖い方は、身近にメイク上手なお友達をさがしてみましょう。案外眉毛をカットしたり抜いたり、いじるのが好きな方が多いようです。そういう方は眉毛を上手に整える情報を多く知っているので、カットについても詳しく知っています。

眉毛の大切さも存分に知っているので、自分でするのが不安だと伝えれば、カットを手伝ってくれるかもしれません。また、今流行のアートメイクをはじめ、カットなど眉毛を重点的に扱っている美容室も多く出てきています。そういうところはお値段も多少かかりますが、普通の美容室でも眉毛も整えたいと伝えればカットなどお手入れをしてくれますので、申し出てみるのも良いでしょう。女性は眉毛を失敗してカットしすぎても、またのびてくるまではペンシルなどでごまかすことができます。思い切って一度、眉毛の長さもカットして整えてみましょう。

眉毛の形 

眉毛の形はもともと人それぞれ。十人十色の眉毛ですので、人と同じ形をまねるのもよいですが、自分に合うものを探したいものです。眉毛の上部には筋肉があるので、そのラインを崩さずに形を整えていくのが基本です。そこを無視して眉毛の形を変えてしまうと、表情が若干おかしくなってきます。

自分がしてみたい、イメージする憧れの眉毛と自分に似合う形の眉毛が同じとは限りません。顔に似合った眉毛の形を探すために、まず眉頭・眉山・眉尻の場所を知りましょう。その三点が眉毛の形を作る基本となります。目頭と眉頭、目の黒い部分の端と眉山、口の端と小鼻のライン上に眉尻というのが一般的な眉毛の理想の形です。

大体眉頭はあまりいじりません。やさしいナチュラルな感じのカーブをだすには、眉山に向かって少しづつ細いラインにしていく眉毛の形になります。逆に厳しい感じの眉毛にするには、眉尻のほうまで眉下のラインをまっすぐにすると太い男性的な形の眉ができます。

もとの眉毛が下がった形でも、カットをきちんとすることで印象を変えることができます。初対面のイメージなど、人をみるときに目元はとても重要です。眉毛は目元の一部ですので、自分に似合った形に整えることは人に与える印象の上で大切なことだといえます。

タグ:眉毛

眉毛のカット 男の手入れ

近年、女性だけではなく男性にも眉毛にカットなど手を加えることが求められています。確かに目鼻立ちがよくても眉毛がカットされていなくぼさぼさだと、野暮ったさが残って、残念な感じになってしまいます。

今まで眉毛のお手入れは敬遠していた男性も、何かをきっかけにカットを考えてみませんか?眉毛カットひとつですが、顔の印象は大きく変わります。まず眉毛お手入れ用のセット(カットハサミと毛抜き、櫛がはいっています)と眉用カミソリ、デリケートな部分ですのでクリームもあるとよいでしょう。

まず櫛とブラシで眉毛の流れを整え、長さをカットします。このとき眉毛全体のバランスを考えてカットしましょう。部分的に眉毛をカットしすぎると、濃淡のバランスが悪い変な眉毛になってしまいます。イメージの形から余分な眉毛は、カットするか毛抜きで抜きましょう。

抜けない細い毛は、クリームを塗ってからカミソリで丁寧に剃ります。最後に櫛とブラシで再度形を整えれば完成です。眉毛をカットしすぎたり剃りすぎた部分や、はじめから薄い部分は眉ペンなどで描いてブラシでなじませましょう。眉毛をカットしたりのお手入れは、そう難しくはありません。いじりすぎるのも注意しなければいけませんが、顔のイメージを簡単に変えることができるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

眉毛のカット方法

顔の印象を決める大切な眉毛。お手入れとして一番基本になるのが眉毛のカットです。眉毛を上手にカットするのは、いきなりだと難しく感じると思います。

自分で眉毛のカットをする場合は、専用のハサミを使いましょう。コンビニエンスストアなどで売られている眉毛お手入れセットの中にカットハサミも入っています。

眉毛を綺麗にカットするコツは、お手入れ全般に言えることですが、眉毛の上部は産毛などをそろえる程度にし、下部のカットをすることです。イメージだけで眉毛にハサミをいれるよりも、あらかじめ眉ペンなどでその形を描いておいてからカットしたほうが失敗が少なくなります。

眉毛の長さも、専用の櫛で上下左右に梳きながらそろえるようにカットしましょう。眉頭や眉尻は眉毛全体の中でもカットしすぎてしまいがちです。左右の眉毛の長さがばらばらにならないようにカットしましょう。

いきなり眉毛を自分でカットするのが心配な方は、化粧品売り場の美容部員さんや、美容室で眉毛のカットについて相談してるといいでしょう。眉毛についても専門知識を持っているので、似合う綺麗な形にカットしてくれます。それを基本にして、次回から自分で眉毛をカットするのも方法の一つです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。